『仮面ライダー響鬼』の続編とかをいろいろ希望していくブログです。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手・コメントも大歓迎です!→拍手する 

| - | | - | - |
平成ライダー1000文字クッキング 〜龍騎〜
 早いもので、1000文字クッキングも第3回。
今回は「13人の仮面ライダー同士が戦う」という、誰もが仰天する設定の龍騎です。

 龍騎と言えば、「ライダー同士のバトルロワイヤル」。
バトルロワイヤルが流行っていた時期に放送されたこともあり、時代を感じます。
それはともかく、ライダー同士の戦いを極端に描いたこの作品では、2話で退場するライダーがいたり、劇場版にしか出てこないライダーがいたり、まさにライダー祭。
ライダーの記号である「赤い目」「クラッシャー(口)」、「触角」も3人の主役級ライダーにそれぞれ分散されて『仮面ライダー』の定義を曖昧にしていくデザイン、必殺技にもカードを使うなど、挑戦的な作品でした。
また、ライダーの変身ポーズが、歴代ライダーのオマージュとなっていることが多いという点にも注目です。

最初のうちこそ、カードというアイテムに違和感を覚えましたが、「アドベント」とか「ファイナルベント」とか、『テレビと同じ音声が出るアイテム』が出回るとその違和感も払拭。ヒット商品となったドラグバイザーは、その後の商品展開にも影響していきました。
ディケイドへも脈絡とそのカード遺伝子が受け継がれていますしね。

さて、おすすめエピソードですが……まずは第1話。
龍騎がまだドラグレッダーと契約する前の姿、ブランク体と、剣が「折れたー!」という間抜けな雰囲気は、語り草になっているので見ておくとよいでしょう。龍騎の最初の魅力も見ることが出来ます。

そして、23話も見所たっぷり。
ライアの最期を描くエピソードですが、それまでのナイトとのいがみあい、和解、そして別れへと繋がり、それがナイトサバイブへのパワーアップ展開に繋がっていくストーリーは感涙ものです。

また、39〜42話では、全おっさんライダーファン待望のオルタナティブ・ゼロの活躍が見られます。黒く渋いボディと、完全記憶能力を戦闘に活かすという頭のよさ、そして変身前が白衣というあたりで、おっさん萌えを堪能できます。

そして龍騎を語るのに最も重要なのはラスト一個前の48話。
なんていっても、主人公が最終回を目前にして……ですからねぇ。この衝撃的展開は、当時、かなり話題になっていました。まさに戦わなければ生き残れない!


以上が、仮面ライダーと名乗る人間達の戦いの真実である。
この戦いに正義はない。
そこにあるのは、純粋な願いだけである。
拍手・コメントも大歓迎です!→拍手する 

| イベント | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
拍手・コメントも大歓迎です!→拍手する 

| - | 01:25 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://next2hibiki.jugem.jp/trackback/125

トラックバック
【響鬼】ブログ最新記事
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • NHP定期更新終了。今まで皆さんありがとう!そして最後に…
    桜井課長 (05/03)
  • 『平成仮面ライダー大共闘映画』企画書を考えてみました。
    (03/07)
  • 高寺P新作『大魔神カノン』と響鬼の共通点を考えてみた。
    simmmons (02/08)
  • 高寺P新作『大魔神カノン』と響鬼の共通点を考えてみた。
    桜井課長 (11/14)
  • 「平成ライダーオリジナルキャストを熱望する!inディケイド劇場版」本部ページ
    バイク乗り (09/17)
  • 「平成ライダーオリジナルキャストを熱望する!inディケイド劇場版」本部ページ
    カバナイ (09/02)
  • 「平成ライダーオリジナルキャストを熱望する!inディケイド劇場版」本部ページ
    加藤鷲 (07/28)
  • 「平成ライダーオリジナルキャストを熱望する!inディケイド劇場版」本部ページ
    クウガ555 (07/24)
  • 「平成ライダーオリジナルキャストを熱望する!inディケイド劇場版」本部ページ
    イムラ (07/01)
  • 「平成ライダーオリジナルキャストを熱望する!inディケイド劇場版」本部ページ
    安藤龍 (06/03)

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND
PROFILE