『仮面ライダー響鬼』の続編とかをいろいろ希望していくブログです。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手・コメントも大歓迎です!→拍手する 

| - | | - | - |
『劇場版 仮面ライダーW&ディケイド』その響鬼成分を考える。
こんばんわー。
2009年もそろそろ大詰めですね。

早いもので当NHPの更新も今年はコレが最後となってしまいました。
で、今回は現在絶賛公開中、なんでも夏の映画をしのぐ勢いでヒットも見込まれているという『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010

ディケイド完結編ともいえるこの映画の中の”響鬼的成分”についてちょっと無理クリ語ってみたいと思います。

記事の内容上ネタバレなどが少し入っていますので、まだ未見の人は気をつけてくださいませ〜。
でもまあ、映画をごらんになった人ならお分かりかもしれませんが、
今回の映画、W&ディケイドをのぞくゲストライダーはかなりの脇役です。
特にディケイド編では、話の都合上、ライダー達はディケイドに狩られるやられ役…

ですから真っ先に狩られるスカイライダーなどは

あんなに速く飛べたのか?!

みたいな映像的な見せ場はありますが、結局はあえなくディケイドにやられ散っていく運命というわけで、その役に響鬼さんたちが入らなかったのは個人的にはほっと一安心と言うところでしょうか(^-^)

で、正直ごく少ない響鬼さんたちの見せ場なんですが、それでも他の平成ライダーズに比べたら優遇されているほうなんですよ(^-^)

そんな数少ないポイントを以下列記解説してみたいと思います。

(1)アスムくんの変身

ディケイド完結編で話の軸になるのは、士とリ・イマジライダー達の絆。
中でもアスム&ワタルは、クライマックスで士の前に復活した姿を見せ、
共に戦う姿を見せてくれます。

演じる人は違うといえども、
響鬼の変身シーンが今一度劇場の大画面で再現された…
というのはこの映画ならでは。

響鬼ファン的には記憶にとどめておく価値ありかもしれないですね。

(2)天鬼・轟鬼らの復活

そしてさらに嬉しかったのは、そのアスムの口から
本編で消滅したリ・イマジ世界の再生が語られること。

アスム「アキラさんもトドロキさんも生き返ったんです!」

ちょっと細部はあいまいですが、この台詞が聞こえてきたときには、
思わず”OK!”と心の中でうなづいてしまいました(^-^)

TVラストの天鬼&轟鬼の退場はあまりにもあっけなくて、正直ちょっと後に引きずるものがありましたからね(苦笑)

他の世界の消滅したライダー達も同時に生き返っているわけですが、
あえてアスムの口から語らせたというところに、
脚本・米村さんの響鬼愛を感じるといったら手前味噌すぎますか(^-^)

(3)響鬼&ディエンドのコンビネーション攻撃

でも、ことこの映画、響鬼成分に関しては他にも細かな配慮が見受けられます。

例えば、さらにクライマックス。巨大ボスとの戦いで、
ディケイドは勢揃いした平成ライダーズをオールFFR変形させるわけですが、
響鬼=アスムが変形した巨大アカネタカの足につかまって戦うのは、
ほかならぬあの海東=ディエンドなのです!

海東「少年君、行くよ!」
アスム「はい!海東さん!」


戦いの前に、画面に映らない所でそんなやりとりがあったんではないかと
思わず想像してしまいます。

TV本編中で、士以外で一番海東とつながりが強かったライダーって多分アスムですからね。

そういうつながりをさりげなく画面で表してくれているところとか結構好きです。

(4)平成ライダー最強フォームそろい踏み

そして極めつけは、このラストの”平成ライダー最強フォームそろい踏み”のシーンですね。
この映画で最も燃えるシーンの一つといってもいいかも。

久しぶりに見る”響鬼装甲”の勇姿。
しかも大スクリーンでのそれは、響鬼ファンとしては胸が高まるものがありました。

ただ登場するだけでなく、もうちょっと最後まで活躍させてくれたらより良かったんだけど…(苦笑)
まあ、それは見ている側のぜいたくでしょうね(^-^)

でも、ついぜいたくを言いたくなってしまうのです。
それはなぜかというと…

”やればやれるじゃん!”

ということがわかってしまったから。

今回の映画を、そしてディケイド本編を見る限り、
東映スタッフは直球の歴代ライダー共演物を、
多分作ろうと思えば作れちゃうんですよ。きっと。
(それもかなりの出来なものを)

でも今はそれを作ろうとしないだけのように思います。

それは多分プロデューサーの考えゆえの事だろうし、
それが商業的に成功しているのも事実なんですよね(^-^)

「創造は破壊からしか存在しない」

紅渡のこの意味深な言葉の意味は、今回の映画の中で明らかになります。
それは確かによく考えたな…と思う内容だけど…

やっぱ破壊抜きで、”熱い友情の絆を見せる”オリジナルライダーたちの姿もいつか見てみたい!

それを本映画のスタッフの方々の技量で映像化される日を夢見ていたいですね(^-^)
拍手・コメントも大歓迎です!→拍手する 

| 響鬼最新情報 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
拍手・コメントも大歓迎です!→拍手する 

| - | 20:00 | - | - |
コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://next2hibiki.jugem.jp/trackback/150

トラックバック
【響鬼】ブログ最新記事
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • NHP定期更新終了。今まで皆さんありがとう!そして最後に…
    桜井課長 (05/03)
  • 『平成仮面ライダー大共闘映画』企画書を考えてみました。
    (03/07)
  • 高寺P新作『大魔神カノン』と響鬼の共通点を考えてみた。
    simmmons (02/08)
  • 高寺P新作『大魔神カノン』と響鬼の共通点を考えてみた。
    桜井課長 (11/14)
  • 「平成ライダーオリジナルキャストを熱望する!inディケイド劇場版」本部ページ
    バイク乗り (09/17)
  • 「平成ライダーオリジナルキャストを熱望する!inディケイド劇場版」本部ページ
    カバナイ (09/02)
  • 「平成ライダーオリジナルキャストを熱望する!inディケイド劇場版」本部ページ
    加藤鷲 (07/28)
  • 「平成ライダーオリジナルキャストを熱望する!inディケイド劇場版」本部ページ
    クウガ555 (07/24)
  • 「平成ライダーオリジナルキャストを熱望する!inディケイド劇場版」本部ページ
    イムラ (07/01)
  • 「平成ライダーオリジナルキャストを熱望する!inディケイド劇場版」本部ページ
    安藤龍 (06/03)

RECENT TRACKBACK

RECOMMEND
PROFILE